着物買取の相場を種類別に総まとめ!査定前に知っておきたい高値で売るコツも紹介

  • 着物買取の相場が気になる
  • 自分の持っている着物は高く売れる?
  • 大島紬の着物は高額で売れるって本当?

着物買取の相場は、多くの買取業者が公式サイトで公表しています。

私は仕事柄よく着物について調べるのですが、着物買取業者の公式サイトを見ると「本当にそのような高額買取をしてくれるのだろうか?」と疑問に思います。

過去に着物買取を利用した際に、数百円の買取価格を出してきた業者もあったためです。

自宅にある着物を査定に出して恥をかく方もいるかもしれないので、私が着物買取の相場を種類別に解説します。

相場一覧表(タップで開く)

着物の買取相場

種類買取相場実際の買取額
訪問着2,000~200,000円8,000円
加賀友禅〜180,000円
京友禅〜150,000円
振袖2,000〜140,000円6,000円
小紋〜100,000円2,000円
付け下げ2,000〜80,000円2,000円
留袖2,000~70,000円

帯の買取相場

種類買取相場実際の買取額
名古屋帯~120,000円2,000円
袋帯~200,000円3,000円
丸帯~50,000円
半幅帯~20,000円
角帯~40,000円
和装小物~12,000円

伝統工芸品の買取相場

種類買取相場
大島紬〜200,000円
黄八丈〜180,000円
郡上紬〜150,000円
芭蕉布〜150,000円
久留米絣〜130,000円
結城紬〜100,000円
綾の手紬〜100,000円
宮古上布〜100,000円
越後上布〜90,000円
久米島紬〜80,000円
紅花紬〜60,000円
牛首紬〜35,000円
塩沢紬〜20,000円
伊那紬〜20,000円
能登上布〜15,000円

有名作家物の買取相場

種類買取相場
久保田一竹~700,000円
松井青々〜300,000円
由水十久作〜200,000円
羽田登喜男(人間国宝)〜200,000円
福田喜重(人間国宝)〜200,000円
着付師ミチ

和装教育二級と着物文化検定を保有する着付師であるミチと申します。この記事で着物買取について理解が深まれば幸いです。

ちなみに当サイトでは、人気の着物買取業社24社に着物20着を査定してもらって「着物買取はどこがいいか?」を徹底的に調査してまとめました。

大切な着物の価値をわかってくれる業者さんで買い取ってもらう参考になれば幸いです。

目次(タップで該当箇所に移動)

着物買取の相場(種類別)

着物買取の相場を紹介する前に、価格の算出方法について説明します。

当サイトでは、着物買取の相場を「(最低買取価格)〜(最高買取価格)」という幅で紹介しています。

一言に相場といえど、着物の状態や質・買取業者によって買取価格が大きく異なるためです。

したがって、相場価格が「2,000〜200,000円」などと幅広くなってしまう点にご理解ください。

また価格の算出方法については以下を採用しています。

  • 最低買取価格 → 実体験での買取価格
  • 最高買取価格 → 買取業者の公式サイト情報
着付師ミチ

自分の着物を査定に出した場合、上記の間の金額くらいで買い取ってもらえるイメージです。

それでは着物買取の相場を種類別に詳しく見ていきましょう。

着物の相場

着物買取の相場は種類や年代・状態・作家物などによって、価値が大きく変動します。

以下に種類ごとの一般的な相場をまとめます。

種類買取相場
訪問着2,000~200,000円
加賀友禅〜180,000円
京友禅〜150,000円
振袖2,000〜140,000円
小紋〜100,000円
付け下げ2,000〜80,000円
留袖2,000~70,000円
参照:バイセル

訪問着

訪問着

訪問着の買取相場は2,000〜200,000円です。

訪問着は格式高い着物の一つであり、結婚式や披露宴・年賀・結納・お茶会などに幅広く着られる、準礼装着です。

色留袖と訪問着は似ているように見えますが、胸元の柄の有無で判断でき、柄があるものが訪問着となります。

華やかな訪問着に紋を付けることで、色留袖と同格の着物として扱われます。

新品のものでは良くて数万円ほどの値がつくでしょう。

しかし買取相場は状態や作家物によって異なり、例えば未使用に近い状態の牛首紬の訪問着で26,000円、有名な呉服屋である「東京ますいわ屋」の誂えで手刺繍が入った訪問着は48,500円です。

未使用に近い滝泰のおぼろ染め絞りの訪問着は23,500円でした。

着付師ミチ

ちなみに私の自宅にある訪問着を査定してもらった結果、高い値段がついたのは以下の10社でした。

24社中TOP10の査定額一覧(タップで開く)

加賀友禅

加賀友禅
引用:福ちゃん

加賀友禅の買取相場は、最高180,000円程度です。

その独特な柄や手間のかかる制作過程から、高額買取が期待できます。

加賀友禅は写実的な表現が得意であり、染めのみでほかの技法を併用することはあまりありません。

状態によりますが、中古でも数万円の価値が見込めるでしょう。

京友禅

京友禅
引用:福ちゃん

京友禅の買取相場は、最高150,000円程度です。

その名の通り京都の伝統工芸品であり、伝統的な美しさが評価されます。

刺繍を施したり金箔などを効果的に使ったりした装飾も併用されるため、上品でありながらも華やかな染となります。

京友禅は中古でも状態が良ければ、数万円の高額買取が見込めるでしょう。

振袖

振袖の買取相場は、2,000〜140,000円です。

成人式など特別な日に着用されるため、世の中では比較的需要がある着物です。

特に袖丈や身丈が長い振袖は、再利用しやすいため多少は良い買取額が期待できます。

しかし一言に振袖といっても種類や状態は様々であり、ノーブランドであれば高額買取とはなりにくいのが現実です。

着付師ミチ

私は振袖を24社の査定に出した結果、買取価格は以下のようになりました。

24社中TOP10の査定額一覧(タップで開く)

小紋

小紋

小紋の買取相場は、最高100,000円程度です。

小紋は比較的カジュアルに着用される着物であるため、中古のもので100,000円の金額がつくのはごく稀です。

しかし未使用で正絹製の小紋であれば、10,000円前後の金額が期待できるでしょう。

他にも人間国宝のような有名作家や有名産地の小紋であれば、さらに買取価格が上がる可能性もあります。

人気の柄・素材などによって買取価格は様々で、リサイクルショップでは二足三文になってしまいますが、着物買取専門店ではきちんと値段をつけてもらえることもあるので、専門知識を持った買取会社にまずは一度査定してもらうことをおすすめします。

私が小紋を査定に出した結果、買取価格は以下のようになりました。

24社中TOP10の査定額一覧(タップで開く)
業社査定額
福ちゃん2,000円
バイセル1,000円
ヤマトク500円
まんがく屋500円
京都高級呉服買取りセンター500円
オフハウス300円
なんぼや買取不可
ファンタジスタ買取不可
ザ・ゴールド買取不可
おたからや買取不可

付け下げ

付け下げ

付け下げの買取相場は、2,000〜80,000円です。

カジュアルに着られる着物であるため、中古品であれば高くて5,000円程度の買取になることが多いでしょう。

しかし友禅染や特別な刺繍が施してるもの、有名産地の紬や作家物になれば、30,000円程度の価格がつく場合もあります。

あくまでも着物の状態やなどにもよるため、一概に買取価格がいくらということはできません。

着付師ミチ

私が付け下げを査定に出したところ、買取価格は以下の通りでした。

24社中TOP5の査定額一覧(タップで開く)
業社査定額
福ちゃん2,000円
バイセル1,000円
ザ・ゴールド1,000円
ヤマトク500円
まんがく屋500円

留袖

留袖

留袖の買取相場は、2,000~70,000円と言われています。

最も格式の高い着物とされており、一生のうちにそう何回も着る機会はありません。

「どうせ着る機会が少ないなら、レンタルを利用すればよい」と考える人が大多数ではないでしょうか。

したがって、留袖の買取相場は下落傾向にあり、実際に私が査定に出したところ、どの業社でもほとんど値段がつきませんでした。

とはいえ以下の留袖であれば高値がつくこともあります。

  • 加賀友禅の技法を凝らした留袖
  • 有名作家の作品である
    木村雨山(人間国宝)・百貫華峰など

着物の状態にもよりますが、人間国宝である木村雨山の作品や有名な有名な加賀友禅の作家である百貫華峰なら、70,000円程度の値段がつくこともあります。

帯の相場

帯にも様々な種類がありますが、名古屋帯や袋帯は着物市場で需要があります。

反対に丸帯や半幅帯などは他の首比べて需要が低いため、買取額が低めになるでしょう。

帯も着物と同様、作家物や伝統工芸品であれば買取相場も高くなります。

種類買取相場
名古屋帯~120,000円
袋帯~200,000円
丸帯~50,000円
半幅帯~20,000円
角帯~40,000円
和装小物~12,000円
参照:バイセル

名古屋帯

名古屋帯

名古屋帯の買取相場は、最高120,000円程度です。

名古屋帯にも仕立て方の違いによる違いがあります。

  • 九寸名古屋帯
  • 八寸名古屋帯
  • 新名古屋帯

価格帯は様々ですが、新品のものでも下は20,000円から高ければ100,000円を超える帯もあります。

したがって、買取相場にはかなり幅が出てきます。

中古品となれば数千円の買取価格をつけられる可能性もありますが、一度査定員さんに見てもらうのが無難です。

着付師ミチ

私も自宅の名古屋帯を査定に出してみました。

24社中TOP10の査定額一覧(タップで開く)

私の名古屋帯は中古品なので高額買取とはなりませんでした。

袋帯

袋帯

袋帯の買取相場は、最高200,000円程度です。

袋帯は一般的には礼装用の留袖、振袖、訪問着に合わせます。

礼装着物以外にも、格の高い小紋や色無地や付下げにも使われ、また洒落袋帯のようなものは普段着の小紋や紬とも合わせられます。

袋帯といっても買取相場は一概に幾らといえるものではなく、数百円から数千円とその買取額には大きな差があります。

例えば礼装用の袋帯の代表例として、錦織の佐賀錦といって平織や綾織で織られた、網代型や菱型などの美しい幾何学模様の帯があります。

熟練の職人でも一日で織れる量は僅かでとても高級な帯であるため、佐賀錦の帯は有名作家もので100,000円ほどで買い取りされています。

他にも京都西陣の老舗、川島織物という有名メーカーの帯が70,000円程度で買取されているようです。

ノーブランドの袋帯だと状態によりますが、数千円~10,000円程度での買取が相場と言われています。

着付師ミチ

私がノーブランドの袋帯を査定に出した結果は、以下の通りです。

24社中TOP10の査定額一覧(タップで開く)
業社査定額
福ちゃん3,000円
バイセル2,000円
京都高級呉服買取りセンター1,800円
まんがく屋1,000円
オフハウス1,000円
ヤマトク1,000円
ファンタジスタ500円
ザ・ゴールド200円
おたからや0円
吉好返信なし

丸帯

引用:着物365

丸帯の買取相場は、最高50,000円程度です。

袋帯と同じく格式の高い着物に使用されるため、中古でも状態が良ければ数万円の買取が期待できます。

一般家庭のタンスに振袖などと一緒に買った丸帯が眠っていることもあるので、一度探してみてはいかがでしょうか。

半幅帯

半幅帯の買取相場は、最高20,000円程度です。

カジュアルな着物によく合わせられるため、高額な買取はあまり期待できないでしょう。

中古であれば状態が良くても数百円〜数千円が相場になります。

角帯

角帯
引用:京都きもの工房

角帯の買取相場は、最高40,000円程度です。

晴れ着によく合わせられるため、新品で数千円〜数万円、中古でも状態が良ければ数千円が相場になります。

和装小物

和装小物の買取相場は、最高12,000円程度です。

一言に和装小物といっても、その種類やブランド・状態により買取金額は大きく異なります。

物にもよりますが中古であれば数百円〜数千円での買取となるでしょう。

伝統工芸品の着物の相場

地域の伝統製法によって織られている産地物の着物などは、高額査定されやすいと言えます。

具体的には結城紬や大島紬などがあり、結城紬は奈良時代に朝廷に納めていたという長い歴史を持ち日本最古の絹織物としても有名です。

それぞれの種類の一般的な相場を見ていきましょう。

種類買取相場
大島紬〜200,000円
黄八丈〜180,000円
郡上紬〜150,000円
芭蕉布〜150,000円
久留米絣〜130,000円
結城紬〜100,000円
綾の手紬〜100,000円
宮古上布〜100,000円
越後上布〜90,000円
久米島紬〜80,000円
紅花紬〜60,000円
牛首紬〜35,000円
塩沢紬〜20,000円
伊那紬〜20,000円
能登上布〜15,000円
参照:バイセル

大島紬

大島紬
引用:福ちゃん

大島紬の買取相場は、最高200,000円程度です。

着物にあまり詳しくない方でも、大島紬といった言葉は聞いたことがある方が多いでしょう。

鹿児島県南方の奄美大島で生産される大島紬は、734年に奈良東大寺の献物帳に記録されている長い歴史を持つ高級絹織物です。

大島紬の絣模様を生み出す染色は、全部で6種類あり、染色をしない糸を使うものを合わせると7種類に分類できます。

新品であれば数万円の値がつけばいい方と考えるといいでしょう。

黄八丈

黄八丈
引用:帯ときもの やまぐち

黄八丈の買取相場は、最高180,000円程度です。

古くからの伝統工芸品であり、その独特な風合いから高い価格がつきやすい着物だといえます。

中古でも状態が良ければ、数万円が相場になります。

郡上紬

引用:福ちゃん

郡上紬の買取相場は、最高150,000円程度です。

見た目は地味な着物ですが、一部で高い評価を受けるため需要があります。

こちらも中古であっても状態が良ければ、数万円の値がつくでしょう。

芭蕉布

芭蕉布
引用:福ちゃん

芭蕉布の買取相場は、最高150,000円程度です。

沖縄県大宜味村喜如嘉で織り上げられる芭蕉布は、糸芭蕉の生産から糸を紡ぐ工程や染の工程などすべてが手作業で行われています。

自然な風合いと手間のかかる制作過程から、高い評価がつきやすい着物です。

新品であれば数万円の買取が見込めますが、中古であれば数千円からの買取となるでしょう。

久留米絣

久留米絣
引用:福ちゃん

久留米絣の買取相場は、最高130,000円程度です。

色彩豊かなデザインが人気であり、新品では数万円・中古でも状態がよければ数千円から数万円程度が相場となります。

結城紬

結城紬

結城紬の買取相場は、最高100,000円程度です。

茨城県結城市や栃木県小山市で生産される結城紬は、各地にある紬の中でも唯一、経糸と緯糸の両方に絹の真綿から手で紡ぎだす紬糸を使った織物です。

結城紬は経糸と緯糸ではつむぐ糸の太さが異なるだけではなく、糸の太さにもムラがないようにつむがなければなりません。

一反分の糸をつむぐためには、2~3か月を要する非常に手間のかかる作業となっています。

着れば着るほど風合いが増す織物としても人気があります。

中古でも数千円〜数万円では買い取ってもらえるでしょう。

有名作家物の着物の相場

世界でも知られているような有名作家の着物は、購入ニーズも高いため、高額で買い取りが行われやすいと言えます。

数十万円という価格で買い取ってもらえることもあり、状態など良ければさらに高くなる可能性もあります。

有名作家の買取相場の一部を挙げると、以下の通りです。

種類買取相場
久保田一竹~700,000円
松井青々〜300,000円
由水十久作〜200,000円
羽田登喜男(人間国宝)〜200,000円
福田喜重(人間国宝)〜200,000円
参照:バイセル

着物の買取相場が決まるポイント

着物の買取相場が決まるポイントとしては、以下の3つがあります。

  • 需要と供給のバランス
  • 有名な作家・産地である
  • 着物のサイズ

需要と供給のバランス

着物買取業者は着物の需要と供給のバランスを見ながら、買取相場を決定します。

着物が世の中で必要とされていれば買取価格は高くなりますし、あまり必要とされていなければ低くなります。

基本的に買取業者は買い取った着物を再販売するため、着物が売れにくいとなると買取で高値をつけたがらないわけです。

以下のグラフをご覧ください。

引用:きものと宝飾社

着物市場規模を1989年と2021年で比べると、1/6にも減少しています。

これに伴い、着物買取業者が今後買取価格を上げていくのは考えにくいです。

一つだけいえるとすれば、着物の需要は減ってきているので、自宅で眠らせておくよりも早めに査定に出すのをおすすめします。

有名な作家・産地である

引用:着物10

有名な作家が手掛けた着物や、伝統工芸品となる産地の着物は、知名度やブランド力によって価値が上がる傾向にあります。

特に人間国宝などの著名な作家や加賀友禅・京友禅など特定地域の一流の織物は、ノーブランドの着物とは買取価格が大きく変わります。

着物買取のバイセルも公式サイトで以下のように表現しています。

着物の中でも有名な作家が手掛けたものや、有名産地で生産されたものは、知名度があり人気が高いので買取額も高くなりやすいです。

引用:バイセル

ノーブランドの着物は一般的な中古服と変わらない扱いになるため、場合によっては数百円程度の買取価格になることもあるでしょう。

着物においてはブランドとしての価値があるかないかが非常に重要です。

着物のサイズ

着物の買取相場はサイズも影響します。

大きいサイズの着物は様々な体型の方に合わせて調整できるため、再販売で需要が高まります。

実際に着物買取業者のザ・ゴールドの公式サイトには、以下の記載があります。

リサイクル着物を購入される女性、レンタルされる女性の身長が年々高くなっているため、丈が163cm以上の着物にニーズが集まっています。サイズの小さな着物は、大きくすることはできませんが、サイズの大きな着物は小さく仕立て直しすることができますので、やはり大きなサイズにニーズが集まります。

引用:ザ・ゴールド

私が着物買取で最もおすすめしている福ちゃんでも記載は同じです。

丈の長い着物は、素材や作家が同じ着物でも短い着物に比べて買取価格が高くなります。
長く大きな着物は体型を選ばず着ることができる為、販売時の需要が高い為です。また生地が多く使用されていることから仕立て直しがしやすいことも理由となります。

引用:福ちゃん

しかし小さいサイズの着物は、着用できる人が限られてくるので、買取価格が下がってしまうでしょう。

着物買取で相場よりも高値を狙うコツ

大切な着物を買い取ってもらうからには、少しでも高く買い取ってほしいと思うかもしれません。

着物に詳しくない方にとっては、どうすれば高く買い取ってもらえるのはわかりにくい部分でしょう。

そこで以下では、着物買取で少しでも相場より高値を狙うコツを紹介します。

着物の取り扱いに関する部分と買取業者の選び方の2軸で説明します。

着物に関して

着物に関して気をつけることは2つあります。

  • 落款・証紙などは付けたままで売る
  • むやみにクリーニングに出さない

落款・証紙などは付けたままで売る

作家物や伝統工芸品の着物には、必ず「落款」や「証紙」というものがあります。

着物を査定する際には、この「落款」や「証紙」が着物の価値を証明してくれる大切な証拠となるのです。

引用:着物10

この証明がない場合、価値を保証するものがないということで着物の買取価格が低下してしまうため、捨ててしまわないように注意してください。

その他、購入先の呉服屋や百貨店の領収書を提示して品質を証明することも可能ので、そのような類のものは一切捨てないようにしましょう。

むやみにクリーニングに出さない

しっかりキレイにしてから収納したつもりであっても、湿気で着物がよれてしまったり、傷や汚れがついてしまうことが多くあります。

収納前に必ず業者に依頼してメンテナンスを行ったり、湿気などに細心の注意を払っておくことが大切です。

しかし査定前だからといって、むやみにクリーニングに出すのはおすすめしません。

というのもクリーニングに出してしまうことで、色落ちがあったり裾がよれてしまったりする可能性があるためです。

保存状態が悪くならないようにすることは大切ですが、色や形を損なう可能性があることは避けるようにしてください。

着物買取業者選びに関して

着物買取業者選びに関して気をつけることは、以下の2つです。

  • 全国展開された大手着物買取業社を選ぶ
  • 相見積もりをする

全国展開された大手着物買取業社を選ぶ

着物を買い取ってもらうなら、全国展開された大手着物買取業社を選ぶのをおすすめしています。

近所のリサイクルショップが近いからといって、リサイクルショップに売りに行ったり、フリーマーケットに出したりすることは、高額買取を狙うなら避けるべきです。

大手の着物買取業者なら、確かな知識と高い査定技術がある査定員に着物をみてもらうことができるため、安心できます。

加えて全国展開しているということは、それだけ再販売できる販路が確保されているので、多少は高く買い取ってもらえる可能性があります。

自社の販売店が全国にあったり、ECショップがあったりと大多数のお客さんを相手にでき、せっかく買い取った着物を売り逃す心配が少ないためです。

着付師ミチ

地域にある小さな買取業者だと、買い取った着物を基本的にその場でしか再販売できないため、在庫が増え続ける一方です。お店的にも売れない着物に高い買取価格は出せません。

相見積もりをする

全国展開された着物買取業者を選ぶのはもちろん、さらに相見積もりまでできると高額買取が期待できます。

相見積もりとは数社に査定を依頼することです。

例えば2社目の査定の際に「1社目では20,000円の査定額が出ました」と見積書を見せれば、それ以上の金額を出してくれるかもしれません。

査定員の方からすると、せっかく査定したのに買い取れなかったら無駄足になってしまうためです。

着付師ミチ

私は相見積もりをすることで買取金額を引き上げられました。低いところだと10分の1の金額(20,000円→2,000円)だったので、相見積もりは利用しましょう。

ちなみに大手着物買取業者で相見積もりをするなら、以下の3社がおすすめです。

着物買取の相場にまつわるよくある質問

最後に着物買取の相場にまつわるよくある質問をまとめます。

相場よりも安い金額を提示されたら?

相場よりも安い金額を提示されてどうしても納得がいかない場合は、キャンセルをして問題ありません。

どの買取業者も査定は無料で行ってくれるため、キャンセルしても費用は発生しません。

他にも買取契約を結んだ後でも、一定期間内であれば契約解消ができるクーリング・オフという制度もあります。

相場よりも安く買い叩かれないか不安な方は、クーリング・オフが対象の以下の着物買取業者を選んでみてください。

着物の買取相場はこれから下がっていく?

着物市場規模は下落傾向にあるため、着物買取の相場もこれから下がっていく可能性が高いです。

一般的に着物買取店は買い取った着物を再販売します。

着物の需要が減ることで再販売の見込みも薄れるため、買取業者としては中々高値をつけにくいのが現状です。

したがって買い取ってほしいと思ったら、タンスにしまっておくことなく、早めに買い取ってもらうことが大切だといえるでしょう。

まとめ:着物買取の相場一覧

着物買取の相場を全て表にまとめると以下の通りです。

着物の買取相場

種類買取相場実際の買取額
訪問着2,000~200,000円8,000円
加賀友禅〜180,000円
京友禅〜150,000円
振袖2,000〜140,000円6,000円
小紋〜100,000円2,000円
付け下げ2,000〜80,000円2,000円
留袖2,000~70,000円

帯の買取相場

種類買取相場実際の買取額
名古屋帯~120,000円2,000円
袋帯~200,000円3,000円
丸帯~50,000円
半幅帯~20,000円
角帯~40,000円
和装小物~12,000円

伝統工芸品の買取相場

種類買取相場
大島紬〜200,000円
黄八丈〜180,000円
郡上紬〜150,000円
芭蕉布〜150,000円
久留米絣〜130,000円
結城紬〜100,000円
綾の手紬〜100,000円
宮古上布〜100,000円
越後上布〜90,000円
久米島紬〜80,000円
紅花紬〜60,000円
牛首紬〜35,000円
塩沢紬〜20,000円
伊那紬〜20,000円
能登上布〜15,000円

有名作家物の買取相場

種類買取相場
久保田一竹~700,000円
松井青々〜300,000円
由水十久作〜200,000円
羽田登喜男(人間国宝)〜200,000円
福田喜重(人間国宝)〜200,000円

これらはあくまで相場なので、実際の買取金額は上下します。

しかし正直な話、着物市場は下落傾向にあるので、今後は買取相場も下がる可能性があります。

実体験からいうと予想を超える買取価格がつくケースはごく稀です。

とはいえ今後も自宅に着物を眠らせたままにすると、いざ売りたいとなったときに望ましい金額がつかない可能性もあるので、私はなるべく早めに査定に出すのをおすすめしています。

不要な着物があれば、必要としている誰かの手に渡るように一度見切りをつけるのも悪くないのではないでしょうか。

着物買取業者を選ぶ際は、以下の大手着物買取で相見積もりを忘れないようにしましょう。

目次(タップで該当箇所に移動)